EDとは

ED(Erectile Dysfunction・勃起不全)というのは、全く勃起することがない状態に限らず、勃起はしても満足なセックスが行えない状態も含みます。通常、セックスの機会があるうち75%以上の確率で満足に行うことができない場合をEDとみなします。

男性の性機能障害(SexualDysfunction; SD)の一種であり、勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎、(性的)不能、インポテンスなどとも呼ばれます。

勃起不全とは、主に女性とのセックスの際にペニスが思うように勃起しなかったり、勃起してもすぐに縮んだり、しっかりと勃起しないことでセックスできないなどの症状の事を言います。EDとも呼ばれ成人男性の4人に1人が、勃起に関して何らかの悩みを持っていると言われています。

勃起不全(ED)には主に2つの種類があります。

心因性ED「女性の前で勃起してちゃんとセックスができるか心配」「セックスの時に勃起しなかったらどうしよう」「女性を満足 させられなかったらどうしよう」と精神的なプレッシャーや不安が原因で勃起しないことがあります。セックスをすることに慣れていない若年層の男性が、経験 することが多いようです。

器質性ED

主に体の機能が低下することによって起こるEDです。ペニスへの血流流入に関する障害や神経的な障害によってEDが起こることがあります。年齢を重ねるごとにこの症状が現れやすく、主に50代60代の男性に多く見られます。

EDの原因

50歳代に多い 動脈硬化の進行や神経に障害がある場合(器質性ED)

加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。

糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。

30歳代、40歳代に多い  精神的なストレスがある場合(心因性ED)

精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交がたまたまうまくいかなかったことよるトラウマが原因となることもあります。このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させることもしばしばです。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング