精力剤・勃起薬の副作用

基本的に副作用とは、医薬品の使用に伴って発現した好ましくないできごとのうち当該医薬品との因果関係が否定できないものを指します。

精力剤には、ED治療薬から市販のサプリメントまで幅広い製品が存在します。市販のサプリメントタイプや漢方精力剤の中には、副作用がないから安心などとして販売しているケースがありますが、漢方だから安心とか、植物素材だから安心という事はありません。医薬品だけでなく、食品や漢方にも副作用の可能性は否定できません。ここでは、精力剤の副作用をいくつか分類して考えていきます。

ED治療薬の副作用の一例として、ファイザーが公表してるバイアグラの場合、『市販後に5.27%の方に副作用又は臨床検査値異常が認められた。

主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)97例(3.08%)、頭痛34例(1.08%)、動悸13例(0.41%)等であった。』重篤な症例は、正規品では報告されていない。シアリスやレビトラといったED治療薬の場合も、同じ様に、ほてりや頭痛を感じる方がいるようです。その他にも併用禁忌薬や服用に関しての注意事項もありますので、必ず病院で処方しましょう。

漢方精力剤は西洋薬と比較した場合程度の違いはありますが、あくまで薬ですから、副作用はあるという考えが正しいようです。合わない薬をのんだり、体質に合わない成分を使用すると、胃腸障害、食欲不振、むくみ、動悸、血圧が上がる等の症状が出る場合もあります。漢方だから100%安心なんて事はありません。

精力剤の効果の違いを知って、いざ、精力剤を購入となった時にも注意が必要。バイアグラ、シアリス、レビトラといったED治療薬は病院で診察を受けて処方してもらう必要があります。手軽な個人輸入代行サイトを利用することもできますが、調査では55%以上がニセモノであったことが判明しています。効果を得るためにも、副作用に悩まされないためにもED治療薬は病院で処方しましょう。

強精剤・強壮剤も医薬品は、病院や薬局で購入できます。きちんと用量・用法を守って使用しましょう。市販のサプリメントを購入する場合、効果を妙に煽っている商品に注意し、成分や配合量、製造元など信頼できると自分で判断して購入しましょう。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング