精力剤の種類と成分

精力剤にはオヤジが片手は腰にあてて背筋を伸ばしてドリンク剤を飲み干すイメージもあります。しかし本当は、精力剤の世界は日々進化し続けています。確かに以前は、ドリンク剤やせいぜい錠剤程度しかなかった精力剤ですが、現在では要所に塗るタイプ、貼るタイプなどひじょうに商品の使用方法もバラエティーに富んでいます。

精力剤の3つの種類の1つが強精剤です。強精剤と聞くといかにも中年男性のイメージが浮かびますが、意外なことに使用者には20代の男性や女性なども多く含まれています。精力剤で強精剤という場合、ほぼ性ホルモンを後押しして男性はより男性らしく、また女性はより女性らしくすることを目的としている商品であるといっていいでしょう。

男性用の強精剤の場合、勃起や射精、あるいは射精に伴う快感などに直接的に働きかけるため、精力が低下してきたことを自覚している男性にとっては、なくてはならないものです。

滋養強壮という言葉があります。これはとりもなおさず、身体に良いもの、健康にしてくれるようなものをとることで、強くスタミナのある身体を作ることを目的としています。つまり精力剤の中でも強壮剤という場合には、何も今夜性交渉を持つ予定があるので、予め下半身をギンギンにしておきたいというような男性ばかりが使用するとは限らないのです。

強壮剤は健康の基盤をしっかりと形成する援助をしてくれるものです。ED治療薬などは一過性の筋力増強剤であるのに対し強壮剤は基礎体力そのものを高めるものといって良いでしょう。健康に基本は食事や運動などの生活習慣ですが、仕事や家事などに謀殺されている身にとっては、どうしてもそれができないことが多いのです。こういった時こそ強壮剤の出番です。 精力剤の中でも、最もダイレクトな影響を持つと考えられやすいのがED治療薬です。ED治療薬はバイアグラの登場で、センセーショナルな報道をされたおかげで、すっかり多くに人の知るところとなりました。しかし現在ではED治療薬はバイアグラ(ファイザー)の他にも、シアリス(イーライリリー)やレビトラ(バイエル)などがあります

精力剤の成分

精力剤にはどのような成分が含まれているのでしょうか。精力剤の成分は商品ごとに異なります。精力剤を製造する業者は、成分を微妙に配合させることによって同業他社との差別化を図っており、商品によっては数えきれないほどの成分を配合しているものもあります。

マムシといえば猛毒を持つことで知られている毒蛇の1種です。このマムシはまたひじょうに精がつく食品としても知られており、漢方などでも古くから血行促進や滋養強壮剤として広く使用されてきました。

「雷が鳴っても離さない」という例えでよく知られているスッポンですが、日本や中国などを始めとする東南アジア諸国では、高級食材として広く食されるとともに、精力剤の成分としても定番となっています。

精力剤として最もよく使用される成分の1つにオットセイがあると言ったら、なんだかよく分からない話だと思う人もいることでしょう。オットセイはテレビや水族館などで見ることができる動物で、常に浜辺などの海岸付近に生息しています。

海外から日本に紹介された精力剤の成分の中で、マカほど急速に知られるようになったものは他にはないのではないでしょうか。それほどマカには滋養強壮、あるいは精力剤の成分がギッシリと詰め込まれており、それは「天然のバイアグラ」と称せられるほどです

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング