EDとの関連性が認められる問題

現状では、副作用がない精力剤が多くなってきていますが、
実際のところ精力剤の中には副作用を伴う場合もあります。
精力剤は医師が処方しているような万能薬ではありません。
個人差があり副作用が出る人もいます。
副作用でてしまう場合の多くの原因は、精力剤の正しく服用していない場合が多いです。
例えば、たくさん服用したほうがより効果がでるのでは?という意味のない期待から、摂取量よりも多く服用した場合は、副作用があるかもしれません。そして、下記の場合は特に注意が必要です。

高血圧や心臓持病がある場合

精力剤には血流量を増やす成分が含まれる場合が多いです。高血圧、心臓に持病があるような人は注意が必要です。

亜鉛を多く含む精力剤の場合

亜鉛の摂り過ぎは、他のミネラルの欠乏症をまねく恐れがありますので注意が必要です。

また、精力剤は医薬品と漢方系の2つに分けることができ、異なった副作用がありますので説明していきます。

医薬品精力剤の副作用

医薬品系の精力剤の定義としてクエン酸シルデナフィルが含まれてる精力剤のことです。

このクエン酸シルデナフィルは酵素の働きを抑え、血液の拡張を促進作用があります。

副作用は、頭痛や眩暈、立ちくらみ、腹痛、色覚障害、筋肉異常、鼻づまりなど

漢方系精力剤の副作用

漢方系精力剤は、薬草などを乾燥させ混合した生薬です。

植物エキスが主成分のため、医薬品系の精力剤に比べて副作用は少ないです。

副作用の心配はいらないといっても過言ではありません。

しいて言うならアレルギー、食欲不振、下痢、発疹、かゆみなど

特にアレルギー体質の人に起こりやすいです。

精力剤の使用は用法・用量を守って使用することが一番です。

守っていたとしても症状が出た場合は、服用をストップして、医者に相談するようにしましょう。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング