精力剤の成分

精力剤にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

精力剤の成分は商品ごとに異なります。精力剤を製造する業者は、成分を微妙に配合させることによって同業他社との差別化を図っており、商品によっては数えきれないほどの成分を配合しているものもあります。

精力剤の成分としては医療成分とそうではない成分とに大別することが可能です。精力剤に含まれる医療成分としては、まずはホルモンが主成分となります。男性ホルモンであるテストステロンは、さまざまな精力剤の主成分となるものです。効果としては男性特有の性的特徴や精子を生成する働きがあります。精子の減少や質の低下は精力減退の大きな原因の1つとなります。テストステロンは精力剤として、ストレートに男性機能に働きかける効果があります。

冬虫夏草

俗にセックスミネラルと称されているのが亜鉛です。性ホルモンの合成を助け、生殖機能を守る亜鉛の摂取は、精力増進につながります。亜鉛の豊富な食材としては、牡蠣・かつお・牛肉(赤身)・豚レバー・牛レバー・うなぎ蒲焼・ホヤ・カシューナッツ・小麦胚芽・卵黄などがあり、特に牡蠣は亜鉛の含有量が突出しています。 調理法としては、燻製や油漬けの缶詰は生よりも含有量が2倍ほどになります。 「若返りのビタミン」といわれるビタミンEを多く含む、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類や、ひまわり油、かぼちゃ、モロヘイヤなども効果的です。 また、一般的に強壮効果が高いといわれるにんにくには、殺菌力のあるアリシン、強壮強精力があるスコルジニン、そして亜鉛の働きがあります。

高麗人蔘

精力剤の成分として、これも定番なのが高麗人参です。実は高麗人参も朝鮮人参も、マタオタネニンジンも同じものですが、高麗人参と言った方が何となく高級感を感じさせるので不思議です。

オットセイ

精力剤として最もよく使用される成分の1つにオットセイがあると言ったら、なんだかよく分からない話だと思う人もいることでしょう。オットセイはテレビや水族館などで見ることができる動物で、常に浜辺などの海岸付近に生息しています。

スッポン

「雷が鳴っても離さない」という例えでよく知られているスッポンですが、日本や中国などを始めとする東南アジア諸国では、高級食材として広く食されるとともに、精力剤の成分としても定番となっています。

漢方精力剤人気ランキング

漢方媚薬人気ランキング